heridesbeemerのblog

映画、プログラミング、モーターサイクル、猫、SW20

Coma(USA/1978)

Coma(USA/1978)

監督: マイケル・クライトン

出演:ジュヌビエーブ・ビジョルド、リチャード・ウィドマーク、マイケル・ダグラス

公式サイト: http://www.imdb.com/title/tt0077355/

評点(5点満点)

3star

 

ストーリー

ボストン記念病院に勤める若き外科医のスーザン(ジュヌビエーブ・ビジョルド)は、親友のナンシーが中絶手術の最中に麻酔事故で、昏睡状態に陥いり脳死したことにショックを受ける。しかし、その事故に疑問をもったスーザンは、調べてみると、翌日にも、また、同じような昏睡事故が起きたことを知る。そして、コンピュータ技師に頼んで、ボストン記念病院での昏睡に至るケースが異様に多い事に気づく。さらに調査をつづけると、すべての昏睡事故は、手術室8で起きていること、そして、昏睡状態の患者は、郊外にある、ジェファーソン・インスチチュートに送られている事がわかった。ジェファーソン・インスチチュートが週に1度開いている外部向けの説明会に参加した、スーザンは、説明会が終わったあとも、施設にとどまり、そこが、実は、昏睡患者の臓器売買を行う場所であることを知る。そして、なんとか、施設を抜け出したスーザンは、外科部長のハリス(リチャード・ウィドマーク)にすべてを告げるが。。。。。

 

コメント

最後まで、息をつかせずみせるというサスペンスの壷は押さえられて作られている。主役のジュヌビエーブ・ビジョルド、敵役のリチャード・ウィドマークも、ハマりどころだ。音楽は、最近のに比べると古さは否めない。マイケル・ダグラスは、若くて、院内政治にばかり関心のある頼りない医師のやくどころ。時間も長すぎずに、よくまとめられている。

 

結論

70年代サスペンスの佳作。

 

人気ブログランキングへ

The Sum of All Fears(USA/2002)

The Sum of All fears(USA/2002)

監督:フィル・アルデン・ロビンソン

出演:ベン・アフレック、モーガン・フリーマン、ジェームズ・クロムウェル、キアラン・ハインツ、リーブ・シュライバー

公式サイト:http://web.archive.org/web/20030422221041/http://www.sumofallfearsmovie.com/

評点(5点満点)

1half_star


ストーリー

1967年の中東戦争の際に、撃墜されたイスラエル空軍機に搭載されていた戦術核爆弾が、掘り起こされて、ブラックマーケットに流れる。その爆弾を利用して、米・露の衝突を引き起こし、欧州の復権を目論む人たちがいた。。。。。。。

 

コメント

トム・クランシーのベストセラーを下敷きにしたものであるが、原作では、陰謀を企てるのは、たしかイランのバックがついた中東の過激派ということになっていたが、映画では、欧州の極右になっている。また、原作では、主役のジャックライアンは、副長官クラスまで出世しているが、映画では、まだ駆け出しのアナリストというところ。原作の日本語訳を読んでいるが、映画は、ものたらない。たしかに、核爆発の映像や、空母がノックアウトされる映像などはあるのだが。米・露首脳のやりとりも、フェール・セーフなどにくらべると、今3くらいだ。2時間の枠で、入れ込むには、難しいストーリーであるのは、たしかだが、この手の物に必要不可欠な緊迫感というものが、だいぶ弱い。

 

結論

映画は金をかければいいのよ、というのはなりたたない見本だと思う。原作の小説は、最後の方に相当な見せ場があるのだが。小説レベルのものを期待すると失望するのではないかと思う。

 

人気ブログランキングへ

The Bone Collector(USA/1999)

The Bone Collector(USA/1999)

監督:フィリップ・ノイス

出演:デンゼル・ワシントン、アンジェリーナ・ジョリー、エド・オニール、クィーン・ルティーファ

公式サイト:http://www.thebonecollector.com/

評点(5点満点)


3half_star




ストーリー

NY市警のリンカーン・ライム(デンゼル・ワシントン)は、伝説的なフォレンジックの専門家であったが、ある事故で全身麻痺の状態になり動かせれるのは首から上と、左手の人差し指だけになってしまう。彼は、麻痺が進んで植物状態になってしまうのを恐れて、ドクターと彼自身についての最終的な取り決めを決めようとしていた。

一方、ルービン夫妻がNYの空港に到着するが、迎えがきていないので、タクシーで帰宅しようとする。ところが、そのタクシーは、連続殺人犯が運転するものだった。

翌朝、NY市警の駆け出しの警官アメリア・ドナヒューは、少年課への移籍が決まったばかりであるが、朝、出動途中に、ある少年がなにかしらを見つけた、というディスパッチ・コールをうけ、現場にかけつける。少年が、見つけたのは、人間の手だった。アメリアが、手の下を掘ると、死体が埋まっているのがわかった。アメリアは、やってきたアムトラックの列車を証拠保全の為に止め、機転をきかせ、少年に使い捨てカメラを買ってきてもらい、現場の状況を写真に、残す。そして、殺人課の刑事に、渡した。

NY殺人課では、チーフ・マーフィーの指示で、ライムに捜査スタッフをつけ、ライムが証拠品を分析する。アメリアが見つけた死体はミスター・ルービンだった。ルービン夫人の行方はわからなかった。ライムは、アメリアの証拠保全の手際と証拠写真について感心し、彼女を捜査チームに加えることを求めた。犯人は、次の殺人を暗示する証拠を、犯行現場に残しているようだった。どうやら、ルービン夫人は、その日の午後4時まではいきてるらしい。。。。。

コメント

これは、アンジェリーナ・ジョリー24才の時の作品。Giaで、ゴールデン・グローブをとったが、本格的な劇場公開予定作の主演としては、始めてのもの。やはり、デンゼル・ワシントンはうまい。歳もとらないのか。アンジェリーナ・ジョリーも、若くてういういしいが、女性警官という役にフィットしている。このストーリーは、サスペンスでもあるが、主役の2人のリレーション・シップの物語でもある。伝説上の捜査官だったが、今は、ベッドに縛り付けられて人生に絶望した男と、まだ自分がなにを目指しているか分からないNY市警の若き女性警官の。Rottentomatoesは、例によって27%というサディスティックな点をつけているが、私は、プロット、デンゼル、アンジェリーナ、脇を固めた役者と演出で、もっと、良い点をあげます。

 

結論

主役の2人のファンの方は是非。サスペンスとしては、テンション、プロット、音楽で、テイキング・ライブスが、上回る。ただし、テイキング・ライブスは、オリジナルの小説を換骨脱胎したきらいがあるが、こちらは、比較的原作に忠実で、原作も好評であったということなので、原作も読んでみることにしたい。

関連サイト
 

http://www.script-o-rama.com/movie_scripts/b/bone-collector-script-angelina-jolie.html

人気ブログランキングへ

Notes from My Travels/Angelina Jolie 2003

Notes from My Travels: Visits with Refugees in Africa, Cambodia, Pakistan and Ecuador

Author: Angelina Jolie

Amazon Kindle版で、$11.69

この本は、現在のところ、Angelina Jolieによる唯一の著作で、彼女が、2001年に、アフリカ(シエラレオネ、タンザニア)、カンボジア、パキスタンを、2002年の6月にエクアドルを、難民救済の現場を学ぶために、UNHCR(国連難民救済高等弁務官事務所)のアレンジで旅した紀行記である。20012月といえば、Tomb Raiderはクランクアップしたが、封切られていない、Billy Thorntonと夫婦であった、25才の時の話。すなわち、まだ、今日のスーパースターとしての地位を確立してないころである。

20018月に、UNHCRの親善大使に指名されるが、その時の前後の事情は特にかかれていない。その時に、彼女自身は、(彼女のバッド・ガール イメージが)UNHCRのイメージを傷つけるかもしれないので消極的であったが、とにもかくにもUNHCRが押し切って任命した、といわれているがそのことも、書かれていない。また、彼女は、20023月に、カンボジアの孤児(Madox)を最初の養子にしたのだが、そのくだりも、特に記述はない。

本書は、あくまで、Angelina Jolieその人が、この5地域の難民救済現場を見聞する為に回った時のプレーンな紀行記である。書かれている内容に、特筆大書するようなこと(heart breaking storiesの連続だが)はないが、飾らぬ文章から、彼女の熱い想いは確かに伝わってくる。

今日でも、彼女は、人道的支援活動を彼女の達成目標の一つとして精力的に行っているが、その原点を知る上では、本書は必読の一冊であろう。

写真が10枚ほど、地図が5枚ほど、ついているが、Kindle版ではiPadでも見にくい

なお、新本の売上は、UNHCRの難民救済事業に当てられることになっているそうである。古本は、abebooks.comあたりで買った方が日本への送料込みでも安いと思う。

(読了 Oct 11 2010)

関連記事
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/02/27/AR2007022701161.html
http://www.newsweek.com/2009/12/09/justice-delayed-is-not-justice-denied.html
http://www.time.com/time/world/article/0,8599,1903006,00.html
http://www.economist.com/node/10120144?story_id=10120144&d=2008
関連動画
http://www.cfr.org/publication/17515/symposium_on_international_law_and_justice_session_three.html

人気ブログランキングへ
QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ