奈良から伊勢へ行くには、いろいろコースがあるが、経験を積んで分かったのは。
奈良→伊賀上野
 R163から旧道で、木津町の中をとおり、R24走る部分をできるだけ減らす。天理経由で、名阪国道を回る道は、道はいいけど、遠回りになるだけで、メリットがない。R163は、比較的流れはスムーズ。

伊賀上野→久居
 R163で、長野峠のトンネルを越えてから、r28→r659に右折して、久居で、R165に乗る。上野を出てすぐに、中瀬で名阪国道と交差するが、名阪国道→伊勢自動車道は、関経由で、北へ大回りになるので、無茶苦茶なスピードで走らない限り、時間短縮効果はない。長野峠のトンネルの前後は、凍結注意。


久居→伊勢

 R165を東進して、R23にはいり、そのあと、南勢バイパスで、伊勢まで。久居で、伊勢自動車道と交差するが、この高速道路は、多気の方へ西に大回りで、距離は伸びる。対して、南勢バイパスは、流れが速いので、無料社会実験が終わった今、時間短縮効果のほとんど無い伊勢自動車道を使う理由はない。

結論
 ということで、伊勢自動車道の無料化がなくても、奈良から伊勢への所要時間は、ほとんど、変わらないのがわかった。ちなみに、GarminのPNDは常に、高規格道路を推奨するが、そのGarminの計算でも推定所要時間は、ほぼ変わらない。

PS
なお、この経路では、道の駅などの無料休憩設備は、ない。食事休憩も、木津ー上野および上野ー久居の間は、田舎道なので難しい。もちろん、上野市街、久居では、選択肢は多いと言えないが食事休憩は可能。

PS2
 いちおう、リバーサイド笠置では、トイレ休憩くらいはできる。農産品直売と横にファミリーマートもある。食事休憩は、コースから10キロほど外れるが、伊賀ドライブインの食事が安くてボリュームがある。南勢バイパスは、高架の部分ではほとんど信号もないかわりに、お店へよることもできない。

PS3
少しだけコースから外れるが、名阪国道大内の名阪上野ドライブイン(三交興業)のテナントの”おすみ”のホルモン焼きと土手焼きは、美味しいという話がある。また、大内から少しだけ天理よりの上野SAの敷地外にある”味のお福”の土手焼き定食も、美味しいという話がある。後者は、わかりにくいところなので地図での確認が必要。

PS4
 2016年開業を予定として、道の駅が南山城村北大河原に、設置されるそうです。R163沿い。


プログラム ブログランキングへ