まぁ、ささやかながら、アベノミクスのご利益もあったのと、一応、テクノロジー関連の商売なので、いつまでも、2003年発売の古いToshiba Satellite M20でもないだろう、と、ノートPCをアップデートすることにした。といっても、もちろん、中古なわけだが。 300px-ThinkPadT400
あんまり、リサーチはしなかったのだが、譲れない条件として
  1. ポイントスティックがある。→Lenovo,Dell or HP
  2. サイズは、B5はあかん、A4でないと。
  3. Satellite M20改が、Pentium-M 2.1GHzなので、最低でも、Core 2 Duoの2.1GHz以上
  4. USキーボードが入手できて交換可能な事
  5. ワイヤレスLAN用のアンテナ配線済のもの
  6. 予算1.5万円
  7. メモリは、できればDDR3が望ましい

くらいとなった。それで、この辺で、網をかけて、オークションでハントすることになった。 そうすると、だいたい、R500,T400,E6400くらいが相場だったが、たまたま、初出品の人のもので、いい、T400があって、これを無事落札できた。
 落札後、迅速に、物は、配送されてきたのであるが、これが、自動二輪3台分の重量税・車検1回分の価格でいいのかいな、と思うくらいよい。SDカードリーダーとかはついてないが、画面は広いし、メモリは4GBだし。  ということで、新旧の比較
比較項目東芝Satellite M20改Lenovo ThinkPad T400
発売年20032008
CPUPentium M 765(2.1GHz)Core 2 Duo P8600(2.4GHz)
Memory2GB(PC2100)4GB(PC3-10600)
GPUi855GMGMA 4500MHD
Display1024x7681440x900
HDD120GB(PATA)160GB(SATA)
WLAN2200bg5100agn
LinuxDebian Jessi(32bit)Bodhi Linux 2.3.0(64bit)
Linux Kernel3.9.4-i4863.8.0-x86_64
Linuxのサスペンド効かないno problem
CPU Passmark score5321522
GPU Passmark score5??

使って、速いことを別にしてありがたかったことのトップ3は、
  1. ノートPCの筐体温度が低い。
  2. サスペンドが効く
  3. 画面が広くて綺麗
の3つであった。
特に、筐体温度は、Satellite M20は、2.1GHzで走っている事が多く、今の季節では、ファンが高速回転しつづけるのでやかましいし、膝の上に置いていると火傷をしそうなくらい熱かった。ところが、T400は、普通のことは、たいてい、800MHzでこなせるし、ファンも回っているのかいないのかわからないくらい静かだ。
 サスペンドが効くので、SSDである必要がまったくない。
 買う前は、気になってた、パッドありのパームレストも、パッドつかわなければ、問題ない。残っている問題は、キーボードをUS版に換装することだけである。
 ということで、このサイバーライフ自宅・アップグレードは大正解だったと思う。2003年発売のSatellite M20で、ここまでひっぱって来たんだが、T400で、2018年までアップデートなしでいけるであろうか?いずれにしても、こういうPCが、K75Sのタイヤ1本交換・工賃こみ、と同じくらいで手に入るとは、いい世の中になったものである。