ということで、トランプのMOD.このMODも、Linux版で問題なく動く。
Civ5-trump2
 なお、リーダー画像は、すべて、静止画である。
トランプの交渉画面の音楽は、なんという曲か知らないが、'Money! Money,money,money!!'というフレーズが、ズンドコ節調で繰り返されるもので、イメージにあっている。
 自分が、トランプをやるときは、最初のイントロ画面でのバックグラウンドは、彼のThey bring the crime, they bring rape,...' というスピーチ。そして、戦争の時は、スター・ウォーズの帝国軍のテーマ。

UA
  • 最初から、Workerが一人ついている
  • 一度、ゴールデン・エイジにはいったら、そのゴールデン・エイジは、ゲームが終わるまで続く
  • 人口による、不幸度の計算が倍になる



UU
 ボーダー・パトロール。Infantryの置き換え。ただし、戦闘力が、70から60に落ちているかわりに、機動力は2から3になっている。バグがあって、Infantryにアップグレードできない筈だが、できるようなマークがでるが、アップグレードは出来ない。

UB
 Great Wall of America. Great Wall相当品。トランプしか造れない。ただし、誰かが、Great Wallを建てれば、もう造れない。

自分でプレイした場合
 私は、エンペラーでプレイしたが、最初から、Workerがもらえるのは、強い。普通、Scout,Shrine作ってから、Worker造るのが手順なので、立地にもよるが、ベストでも15ターンほどは、Workerつくるまで、必要。それが、最初からあるのだから、その差は、大きい。だから、中盤までは問題ない。後半は、人口増による不幸が効いてきて、ドミネーション・ビクトリーは難しい。普通は、ワンダーを40も持っていて、世界の3/4を征服しているような状態では、幸福管理も楽勝な筈なんだが、トランプの場合は、そうではない。私の場合、宗教でPagodaとMosqueを持っていたのにもかかわらず、最終的に外交勝利した時でも、幸福度は、-2だった。そういう低幸福度だったから、戦争を続けることはできず、ドミネーション・ビクトリーは取れなかった。

AIプレイヤーとして
 最初から、Workerがあるせいで、まぁまぁ、そこそこの線は行くようである。ただし、AIが活かせる強いUAなどは、他にないので、強い、というイメージはない。同盟の相手としては、信用できない。相互友好宣言して、協同研究実施中でも、軍事的に優勢だとみると、宣戦してくる。宣戦のときのセリフには、’Don't trust Trump.'とか、言っている。

PS
 その後、なんどか対戦した印象。AIプレーヤーとしては、弱いというイメージはない。少なくとも、初期で潰されてることは、ほとんどない。ポリシーは、Patronageを優先して取ってくるので、同盟都市が多い。宗教の獲得は、プライオリティーでない模様。都市建設は、積極的で、エスコートなしに、settlerを送り出すことが多い。Technologyの獲得も進んでいることが多い。黄金期がゲームのあいだ有効なせいか、財政と幸福度(すくなくとも中盤までは)も問題ないことが多い。Wonderの建設では、Great Wall of AmericaとForbidden Palaceは、必ず建設しようとする。技術開発は、Gunpowderまでは、下側のラインが優先の模様。Chichen Izaを建てようとするのは、バグだと思う。
 ということで、シャカとは違った意味で手強い。シャカの場合は、大軍が押し寄せて、血みどろの攻防戦になるのだが、なかなか講和には持ち込めない。トランプも攻めてくる時は、大軍で攻めてくるのだが、攻めあぐんで、損害がそれなりにでると、すぐ、講和する傾向がある。
 シャカの場合は、諸外国との関係は悪くて、文化値やツーリズムも良くないことが多く、ワールドコングレスの票数もすくないので、禁輸や特産贅沢品の禁止令を掛ける手がよく効くが、トランプの場合、同盟都市のおかげでワールドコングレスの票数は多いので、外交的な圧力を掛ける手は、使いづらい。
 だから、トランプ対策で、これだ!という決まり手はないみたいだ。