USのウェスティングハウス(WH)を制御出来ずに、債務超過状態となり、上場廃止もとりざたされている東芝が、債務超過解消の切り札としているのが、半導体メモリの分社化と過半もしくは全部の株式売却だという。
それで、同事業が好調であるので、いろいろ買い手の候補は出ているのだが。。。

・Western Digital(USのハードディスクの会社.SanDiskを傘下にもつ)
・Intel
・マイクロン・テクノロジー(USのDRAM,FRASHメモリの会社)
・SKハイニックス(韓国のDRAM)
・TSMC(台湾のファウンドリ)
・ホンハイ(台湾のEMS.シャープの親会社)
・USファンド系
・中国系

 などである。これだけ、有望な事業内容が売りに出されているのに、国内の可能性のある買い手としては、いまのところ、産業革新機構くらいしか、名前があがらない。というのは、1.2- 2.0兆円という金額で、リスクをとれるところが、いないからだろうか? これだけ低金利で、借り手によっては、資金調達も容易だというのに。

 一昔前は、半導体は、次世代の産業の米、ということで、電機各社は、のきなみ半導体事業に力を入れたのだが、ほとんど全部だめになって、今でも、本体に残って利益を上げている稀有な事例が、東芝の半導体であった。それが、売りに出るというのに、国内からは、手が上がらないという。

 日本で著名な投資家といえば、ソフトバンクだが、あそこは、ARMで、3.3兆円近くも使ってしまったから、いまのところ、候補には出ていない。
 ということで、このまま、いけば、この売却劇は、日本にとって、かなり情けない結果になりそうである。なにしろ、日本には、半導体のマスプロダクトである、メモリは、当面はともかく、最終的には、残らない、ということになるのだから。