さて、本来なら、この一連のスレッドは、前回記事で、終わりになっているはずであった。だが、それは、脱出用シャトルに逃げ込んで、あとは、冷凍冬眠装置にもぐりこんで、地球を目指すだけよ、と鼻歌歌いながら、着替えを始めたリプリーの様に、甘い考えであった。
 ともあれ、テストをしないといけないからな、ということで、近場をぐるりと巡るコースに出たのだが。まず、しょっぱなから、トリップメーターの進みが遅い。全然すすまないわけではないが、だいたい、1/4から、1/5程度である。
 ただ、終始一貫して、そういうスローペースかというと、正常そうに進むこともあるし、進まないこともある。
 それで、思いついたのが、オドメーターギアボックスのカバーの付け方である。あそこに、意味不明のアジャスターが、あったのだが。


 とにかく、開けてみないと話が、すすまないので、また苦労して、メーターをはずしたのであった。私は、カウルはずさずに、メーターはようはずさないので、カウルなど全部はずしである。
 それで、見た感じ、メーター面とトリップメーター、オドメーターの表示部が多少、かすっているかな、というくらい。あとは、なにも問題なかった。
 それで、取り付ける前に、サイドから、ドライバーでギアを回すと、ちゃんと回る。アジャスターは、あまり意味あるとは思えないが、きつすぎず弱すぎずで調整した。
 で、またまた、苦労してカウルなどをつけたのだが。。。。

 今度は、ETCのアンテナとLED表示を装着し忘れ。で、カウルをはずすのはいやなので、変則的な取り回しで、つけた。

 結果のテストランは、全然、問題なかった。ちゃんとメーターは回っている。
 ということで、1ヶ月半の不動明王をやって、やっと動くようになった。やれやれ。だけど、暑すぎるじゃん、K75Sで、出動するには。